忍者ブログ
Saoirseというサイトの遊び場です。その他小ネタを書き綴る場所です。 日記もこちらへ移行しました。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Web拍手です
お返事こちらでしています。
ブログ内検索
バーコード
[ 1 ] [ 2 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 このお話は、本家「Saoirse」にて掲載されている火魅子伝二次小説「心映すは天と魔の狭間の鏡」第一章八十六節の付近でのお話です。
 そのため、作品内容は上作品を読まれていないと分からない場合が多々ありますので、ご注意ください。


 それでは興味がおありのお方、お暇つぶしにどうぞ。


 作品本文はこの下からです。
PR
 この作品は火魅子伝という作品を元にした二次作品です。
 そのため原作を知らない方は分からない部分が多々あるかもしれません、ご注意ください。

 こちらは【宮の宮】というサイトの管理人【宮】さんよりリクエストとして頂いた元ネタより作られた作品です。提供元の元ネタは本家のLinkより【宮の宮】様へ行きweb拍手のほうを数度押していただければ分かるかと思います。
 もちろん、これはこの作品を出した頃の話で、web拍手のほうは【宮】さんの意思で変えられるため、あるかどうかは保障できません。


 こちらは『迷える羊に愛の手を -問題編-』の続きになっています。
 前作を読まれていない方はそちらからどうぞ。



 この作品は馬鹿な話に分類されるかと思います。
 かなりキャラが崩れていたりアホな話になっています。


 以上のことを踏まえて、興味のある方はこの下からどうぞ。
 この作品は火魅子伝という作品を元にした二次作品です。
 そのため原作を知らない方は分からない部分が多々あるかもしれません、ご注意ください。

 こちらは【宮の宮】というサイトの管理人【宮】さんよりリクエストとして頂いた元ネタより作られた作品です。提供元の元ネタは本家のLinkより【宮の宮】様へ行きweb拍手のほうを数度押していただければ分かるかと思います。
 もちろん、これはこの作品を出した頃の話で、web拍手のほうは【宮】さんの意思で変えられるため、あるかどうかは保障できません。


 この作品は馬鹿な話に分類されるかと思います。
 かなりキャラが崩れていたりアホな話になっています。


 以上のことを踏まえて、興味のある方はこの下からどうぞ。
 このお話は、本家「Saoirse」にて掲載されている火魅子伝二次小説「心映すは天と魔の狭間の鏡」第一章九十二節の付近でのお話です。
 そのため、作品内容は上作品を読まれていないと分からない場合が多々ありますので、ご注意ください。


 それでは興味がおありのお方、お暇つぶしにどうぞ。


 作品本文はこの下からです。
 このお話は、本家「Saoirse」で公開されている「火魅子伝」二次小説の「心映すは天と魔の狭間の鏡」という作品の一部です。外伝的な扱いであり、先作品内に登場する人物の過去のお話でもあります。
 ご興味のある方だけどうぞ。

 それでは、心天魔鏡より、本来ならば兎華乃の過去編であるお話の欠片、その妹である兎音の過去を、本人のまどろみより――どうぞ。

 正伝『空の女王』 異伝『赤金の将軍』第一話 出会い
忍者ブログ [PR]


Copyright © Saoirse Eiteの遊び場 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
Design © Kuramori Hakua