忍者ブログ
Saoirseというサイトの遊び場です。その他小ネタを書き綴る場所です。 日記もこちらへ移行しました。
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
Web拍手です
お返事こちらでしています。
ブログ内検索
バーコード
[ 4 ] [ 5 ] [ 6 ] [ 7 ] [ 8 ] [ 9 ] [ 10 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 こんにちわ。今週もちょこちょこっと書かせて頂きます。
 本日はとうとう百節の公開となります。百とか、長くなったものです。当初の予定では半分の五十くらいで終わるだろうと思っていたんですけどね。
 実は百節ということで、ちょっと色々あったりもします。

 それは置いておいても、想天魔鏡も残すところ3節、今日のを含めると4節ですね。終わったら、それなりの充電期間いただきそうな気がします。
 少なくともすぐさま第二章に入るはなさそうです。

 できれば第一章の過去編が終わってから第二章いきたいなぁとか思ってます。というか過去編楽しんでもらえるといいなぁ……。本編より地味に力いれてたり…げほげほっ。ごほん、いやまあ、よろしくお願いします。

 そんなわけで今日は過去編のお話を。


 現在予定されている過去編は――


 清瑞の過去編「生路」
 始まりは清瑞が四歳の時、耶麻台国が滅び清瑞が住んでいた里が焼き討ちにあった頃から……。
 4つに分かれていて、それぞれ時間が多少飛びます。
 その殆どは旅の記憶となるでしょう。始まりはまだ輝くような意思を持った彼女、それの変化を辿っていきます。

 この過去編に出てきて、ついでにその人の過去編扱いにされるのは、当然のごとく伊雅と、オリキャラである楡闇の二人です。


 珠洲の過去編「繋がりの糸」
 始まりは幸せな時間から。耶麻台国が滅んだばかり、国は荒れてきてはいたけども、家族と共にいたその記憶から……。
 4つに分かれていて、それぞれ多少時間が飛びます。
 幸せな記憶、それの終わり。運命の出会い、辛くとも寄り添う会う生活、そして運命の渦へと。少女は獣になり、復讐者になり、最後にどこにたどり着くのか。それを追っていきます。

 この過去編に出てきて、ついでにその人の過去編扱いにされるのは、当然のごとく志野です。


 亜衣の過去編「過ぎ行く道に咲いた華」
 始まりは、まだ耶麻台国と狗根国が戦争を始めていない頃から。隣国の出面の国が攻め滅ぼされようとし、きな臭くなってきた頃……。
 4つに分かれていて、それぞれ時間が飛びます。
 星華との出会い、それは自分の宿命を理解する事でした。何がなんでも、この人を守り、育てる事こそが自分のすべき事だと少女は感じます。その少女が、どのような道を歩いていったか、それを見るものです。

 この過去編に出てきて、ついでにその人の過去編扱いされるのは、当然のごとく、星華と衣緒&羽江の三人です。


 この3つが過去編としては重要なもので、第二章の前に出したいと思っているものです。
 過去編として一番に出てきたのは、紅玉の過去編だったのですが、こちらは第二章、第三章を考えると重要度が低いものだったので、申し訳ありませんが後回しにさせていただきます。


 此処のところ体調がすぐれなくて、入院やらなんやらと色々とカンベンシテクダサイな自体に陥っていたりするのですが、のんびりでもこの作品は書き続けていくので、よろしければお付き合いください。



 と、こんなところで今日の雑記は終わりで
 web拍手のお返事をしたいと思います。




PR
 どうも、なんとか今年中に出し終わろうと頑張ってます。
 そんなわけで先週から再開したわけですが、年末まで毎週お届けできると思います。
 そこで、web拍手のお返事なども、一週間まとめてという事に、申し訳ありませんが、どうかお許しください。

 本日、心天魔鏡の第一章九十九節を掲載するわけですが、ようやく後半戦です、なにがどう前半と違うのかといわれると、背景がちが(ぉぃ)は、置いときまして、ちょっと此処からの前半とは少し主旨が違うものになったりするのです。
 どこがどう違うかは、読んで見て感じてもらえると嬉しいです。


 それでは遅れに遅れましたweb拍手のお返事を。
 なにやら本家の方の日記が書き込みがなかったということで、削除されてしまい、復旧には有料とのことなので、今度からはこちらで日記とお返事を書こうかと思っています。

 まず、長い間音信不通で本当に申し訳なかったと思っています。
 その、体調を崩して、といっていいのか、少し入院などしておりまして、こちらへ手が出せない状態でした。
 なんとか退院、そして自宅安静を置きまして、こちらの更新が出来る程度には回復いたしました。

 色々ありましたが、大概に私的なことで、きっぱり書いても意味のないことなので、この事につきましては「体調を崩して更新できなかった」ということにさせて頂ければと思っています。


 それでは、入院期間中など、二週間分しか保存できなかったので、もしかしたら見れなかったメッセージもあるかもしれませんが、出来る限り保存しておいたweb拍手のお返事をさせていただきます。


 10月18日
22:44 変わりましたね…前はもっと面白かったのに…
 と頂いていました。
 あー、やー、もう最後の方でまとめに入っているので、面白くないといわれるとそれは、その、ごめんなさい。もっと面白い作品書けるように精進します。
 コメントありがとうございました。



10月28日
0:08 本編読んでから、「仮面と自分」を読んで再び本編を最初から読みました!2度楽しめてます。
0:08 のんびり、更新お待ちしてます~。自分のペースで頑張って下さい。
 と、頂きました。
 仮面と自分で二度楽しんでいただけたようで、それはそれはなんともニヤリですね。楽しんでいただけてよかったです。
 更新待ってくださっている皆様がいる限り更新は続けるつもりです。どうぞよろしくお願いします。

 とりあえず完結まで書き終わってるので、見直しと編集を済ませて早く出したいところです。
 コメントありがとうございます。



11月10日
0:57 月代堂:ご無事ですか~?ゆっくり養生してくださいね~(といいつつ復活に期待w
 と、頂きまして。
 月代堂さん、お久しぶりです。コメントありがとうございます。ご心配おかけしました。
 なんとか復活しようともがいておりますので、のんびり待っていただければ嬉しいです。確実に年内には完結まで出しますので。それはもう、間に合わなかったら誤字ありまくりの状態でも出しますから。
 コメントありがとうございます、ご心配おかけしました、ありがとうーっ。



11月12日
0:15 え~、一日で全部読まさせて貰いました。暇人です、面白かったので続きに期待します。頑張ってください!
 と、頂きました。
 おお、なんと一日で……それはもう、本当にありがとうございます。
 続きはできているので、今年中にはちょこちょこ出します~。一応、全103節となっております。ので、後6節?かな?週一でだしたら間に合うかなぁ。
 続きを期待してくださる皆様がいる限りがんばります!
 コメントありがとうございますー!



11月13日
23:19 無理に更新なされなくてもご無事ならよいのですがのぅ・・・
 と、頂きまして。
 ほんっとうにご心配おかけしました。何度か死に掛けましたが、なんとか生きてます。更新もちょこっとはする予定です。どうぞよろしくお願いします。
 コメントありがとうございました。



 と、コメントいただいていました。コメントがなくとも、沢山のweb拍手なども頂いて、元気の源になってます。
 更新遅くなってしまったへなちょこなとこですが、どうぞ、よろしければこれからもよろしくお願いします。

 そんな訳で、本日はweb拍手のお返事と休んでいた理由についてのご報告でした。更新は……できればしたいのですが、まだちょっと……。
 頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。
 これはSaoirseというこのブログの本家サイトでやっている「心映すは天と魔の狭間の鏡」という作品のお遊び作品「心天魔鏡雑談会」です。
 主に感想を下さった方々への感謝の気持ちで出来ています。

 元の作品である心天魔鏡を読んでいない方、知らない方には訳の分からないものです。ですので、偶然見てしまった人は、無視していただいて構いません。興味が湧いて元のを読んで貰えればそれはそれで嬉しいです。


 それでは興味があり、心天魔鏡の第一章「想い宿すは天と魔の狭間の鏡」の「九十二節」をお読みの方だけどうぞ。



 これはSaoirseというこのブログの本家サイトでやっている「心映すは天と魔の狭間の鏡」という作品のお遊び作品「心天魔鏡雑談会」です。
 主に感想を下さった方々への感謝の気持ちで出来ています。

 元の作品である心天魔鏡を読んでいない方、知らない方には訳の分からないものです。ですので、偶然見てしまった人は、無視していただいて構いません。興味が湧いて元のを読んで貰えればそれはそれで嬉しいです。


 それでは興味があり、心天魔鏡の第一章「想い宿すは天と魔の狭間の鏡」の「九十一節」をお読みの方だけどうぞ。

忍者ブログ [PR]


Copyright © Saoirse Eiteの遊び場 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
Design © Kuramori Hakua