忍者ブログ
Saoirseというサイトの遊び場です。その他小ネタを書き綴る場所です。 日記もこちらへ移行しました。
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
Web拍手です
お返事こちらでしています。
ブログ内検索
バーコード
[ 23 ] [ 22 ] [ 21 ] [ 20 ] [ 19 ] [ 18 ] [ 17 ] [ 16 ] [ 15 ] [ 14 ] [ 13 ]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 これはなんという嫌がらせなのでしょう……。
 酷いや神様!(信じちゃいないけど

 そんな訳で、またもやお花畑に数度逝ってきたEiteです。お兄ちゃんに会ってきましたよHAHAHA!!

 いやもうね、前回の雑記を書いてその次の日の朝に救急で病院に叩き込まれて、そのまま入院してました。
 入院原因「原因不明の発熱」(・∀・)<原因不明ってナンダ
 いやもう、こうも原因不明の病気にばっかりなる自分は、どこかの誰かに呪われているんじゃなかろうかと思えてきましたよ。

 最初に事が起こったのは前回の雑記の更に前、9日あたりからなんですが、原因不明の熱がでるでる。
 時期が時期なので風邪やらウイルス感染かと色々調べたものの、全て陰性。喉にも鼻にも症状なし、体が痛いのはいつもの事として、熱以外症状がないと来た。

 そんなわけで急遽入院するハメになってしまい、前回の日記から何かリハビリに始めようと思ってたのに、またもや出鼻を挫かれることに。イヤガラセカッ!

 で、入院したらしたで、急遽入院したものでベットが足りないとかで、症状が治まらないし、三日後には退院してくれとオイシャサマに言われると来た。ぉぃ医者。
 そんなわけで症状は収まることもなく、熱が40度近く出る状況で自宅療養に切り替えられて帰ってまいりました。
 ええ、まあ、大量の薬と共にね!
 しかもなんか明日来いとか言うし! ウガニャーッ!


 と、此処最近の状況でした。
 コノイカリ ドコニブツケルベキヤ
 そんなわけで神様に喧嘩売りたい気分なEiteでした。
 あ、一応動けるので(熱あるけど)、ちょこちょこリハビリに文章打ってます。めちゃくちゃへたれてるので、やっぱり行き当たりばったりでいいからリハビリになんか書こうと思ってます。

 それではまた~( ̄▽ ̄)ノ




 いやまあ、本文自体無駄話なんですが。
 こう、自分の考えまとめるためにもちょこちょ無駄話でも書こうかなと。

 んまあ、そろそろ更新しないとやばいよね~。っていうか更新したいよ~(泣
 とりあえず兎華乃ENDでも出したいのだけど、こう、改めて読むとやばいやばい。これはちょっとやっばいなぁアハハハハ、っていうLvだったりするのよね。
 第二章は第二章で、○○の扱いと、第二章での新ヒロインのおかげでなんか話がっ。予定より遅れるなぁなとこだし。
 早く第二章書き終えて第三章書きたいよぉっ!
 んまあ、第二章は予定より短く終わりそうなので、よしよしってとこなんだけども。

 そして入院中に資料あさってたら(手書き)、仮面と自分のエロ文章が発掘されて、激吹いた(笑
 うっわぁ、そう言えば書いた書いたと思いつつ、笑いながら読んでたのだけども、そのまま完全版の資料あさってたら、悠希の設定に「ソウイエバコンナカコダッタ」とか一人固まってたり。
 微妙には辞典に出してるんだけども、格シーン切れ切れに書いてる資料読んでると色々くるものが。
 今考えると、仮面と自分はエロエロだったなぁ……。主に九峪と悠希が。
 完全版ではきっちり悠希の過去やら、幼少期編はほっとんど変わらないけど、仮面編はばっちり約一年の九峪と悠希の暮らしが書いてあったりで、九峪の性格がどんどん軽くなっていくのが、なかなか笑えたりとか、二人がどんどんエロに突っ走っていくのに「ぉぃぉぃ(笑」とか思ったり。
 ぶっちゃけ完全オリジナルの、現代における恋愛メインのお話なおかげで、書いてて楽しかったりもするんだけど。まあ、もう趣味でしか書かないかなぁ(笑
 恋愛要素はほぼ100%私の作品には出てくるし。色恋沙汰なしに人間語れるかーっ!(マチガッテマス

 こう、入院中暇だったわけで、色々と資料あさってたんですが、以前書いてた、某型月の作品が発掘されたりとか、これなんてラ○ひ○?な作品が出てきたり、色々と過去に書いた資料を読んでたりして。

 制作意欲が結構湧いた湧いた!(笑

 あとなんかオリジナルの話とかも結構発掘されたけど、今見るとご都合万歳で色んな意味で笑えるのとか、たまにはネタ帳ひっくりかえしてみるのもいいものだとか思いましたよ。

 こー、なんで火魅子伝に此処まではまってるのかワカラナイと友人に言われたりするんですが……。
 自分でもなんでだろうと、今回暇に任せて考えてみました。

 んー、いやまあ、最初に惹かれたのは大暮さんの絵なんだけど、綺麗な絵だなーとか。で、それで名前覚えてて、ゲームのOP見て、買った!な感じで出会ったのだけども。(OPの曲イイヨネ「Pure Snow」かなり好き)
 で、よくよく考えてみたら「歴史物」好きだし、「時間逆行」「世界移動」物好きだし。「戦争」物好きだし。剣とか魔法とか精霊とかな「ファンタジー」好きだし。
 こう考えると、火魅子伝って好きな要素がいっぱいというか。
 そもそも小説にはまった最初が中村うさぎ先生の「ゴクドーくん」シリーズって時点で、わたしはそっちよりだもんねぇ。アハハハハ!
 やっぱり原点って結構重要だと思うのよ。シリアスも大々大好きだけど、基本的に通常はそんな感じになってしまうのは、やっぱり多大な影響が……。
 そんなわけで何故火魅子伝にここまではまったかって、そんなものはまあ「好きなものはしょうがない」ということで。今後も私的火魅子伝ワールドを形成していこうとおもってマス

 で、火魅子伝は一先ず置いといて、ネタ帳をひっくり返してたら、んまあ、他のも出てきたわけですよ。
 こー、古くはXのから王○の○章とか、H×Hとか、某型月とか、他にも欠片でも作品名だすのもやばいのとか(笑
 我ながら偏ってるなぁと笑ってますとも。
 最近はHELLSINGとかBLACK LAGOONとかTRIGUNとか、銃撃バトルもいいなぁとか血迷ってたりします。(だからなんでこんなに偏って……
 まあ銃とかの知識はあんまりないので自分で書くのは辛いとこですけど。好きなものしか知りませんヨ。
 でもまあ、火魅子伝以外で二次で書くとしたらH×Hか某型月の作品のかなぁとか思ってたり。後者は設定ぎっちりなので、オリ設定作ってしまう私ではファンの人に叩かれそうで書きにくいですが。

 と、だらだら書いてたら本文より長くなってるし(笑
 そんな感じで、やる気はありますので、体力が持つ限り書いていこうと思ってます。本家の更新は少なめになるかもしれませんが、こちらは頻繁に更新しようと思ってます。
 できれば毎日!

 無駄話しか書かないかもしれませんけどね(笑

 それでは~。


PR
この記事にコメントする
Name
Title
Font Color
Mail
URL
Comment
Password
この記事へのトラックバック
Trackback URL:
忍者ブログ [PR]


Copyright © Saoirse Eiteの遊び場 All Rights Reserved.
Powered by Ninjya Blog 
Design © Kuramori Hakua